ローンの上限

2012年01月25日

ローンの上限

借金800万を返済できたオススメの方法はこちらぴかぴか(新しい)

ご承知の通り、カードローン等には「利用限度額」があります。

「利用限度額」は、新規借り入れの際に、金融業者が新規申込者の審査を行い、また、申込者の契約希望額等も考慮に入れたうえで、決定されています。

そして、当然のことながら、「利用限度額」内であれば、何度でも追加借入を行うことができます。わーい(嬉しい顔)

また、契約時に「利用限度額」いっぱいまで借り入れを行った場合でも、返済が進み、限度額まで余裕ができれば、その分の追加借入をすることができます。るんるん

このような追加借入を行った場合、利息の計算はどうなるのでしょうか。exclamation&question

すなわち、追加借入を行えば、元金が増加するのに応じて、利息もそれだけ多く支払う必要が出てきますが、そのような利息の支払は、毎月の支払額にどのような影響を及ぼすのかが、心配になる方もおられることでしょう。ダッシュ(走り出すさま)

(1) 追加借入と利息について

例えば、残債務20万円、金利12%、毎月末日返済日、1月の15日に5万円の追加借入を行ったとして考えてみましょう。

この場合、1月分の総利息額は、日割りで計算した、1日から15日までの利息と、15日から31日までの利息を合計した額になります。exclamation×2

すなわち、1日〜15日までの利息は、200,000円×12%÷365日×15日=986円となります。

次に、15日〜31日までの利息は、250,000円×12%÷365日×16日=1,315円となります。

よって、1月分の総利息額は、986円+1,315円=2,301円となります。

(2) 追加返済について

さて、返済額は毎月一定でも、余裕がある月には多めに返済したいという方もおられることでしょう。

そのような利用者のために、「追加返済」ができるカードローン会社等もあります。わーい(嬉しい顔)

ついでなので、この「追加返済」についてもご説明しておきたいと思います。

ポイントは、追加返済したことが、追加返済した月の約定返済期日に影響があるかどうかです。exclamation

すなわち、ある月の約定返済期日前に追加返済した場合、その月の返済期日が来月に繰り越される場合(※パターンA)と、返済期日は繰り越されず、その月の約定返済期日にまた返済する必要がある場合(※パターンB)とが考えられ、その両方が存在します。

パターンAの場合、その月の返済期日に返済する必要は無くなりますが、利息が、翌月の約定返済期日に繰り越されます。exclamation×2

上記の例で、逆に15日に追加返済を行ったとすると、2月28日に返済する利息合計額は、16日+28日=44日分で計算した利息を支払う必要があります。

他方で、パターンBの場合、返済期日は繰り越されないので、その月は資金に余裕が必要となります。exclamation×2

借金800万を返済できたオススメの方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 借金返済ゆうじ at 09:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。