信用情報機関の一覧

2012年01月02日

信用情報機関の一覧

借金800万を返済できたオススメの方法はこちらぴかぴか(新しい)

これまで、クレジットカード会社やクレジット会社は、新規申込者に対する「審査」の際に、必ず信用情報機関に照会をかけるという事を、たびたびお伝えしてきました。

ところで、そもそも信用情報機関とはどのような機関で、いかなる情報が登録されているものなのか、気になる方もおられるかと思います。exclamation&question

(1) 信用情報機関の種類

信用情報機関とは、個人の信用情報を収集し、照会をかけてきた加盟会社に対し、収集した情報を提供しています。そして、日本には以下の信用情報機関があります。目

■全国銀行個人信用情報センター(KSC)
銀行や信用金庫、農協などが加盟している機関です。

■株式会社シー・アイ・シー(CIC)
主にクレジットカード会社が加盟しています。

■日本信用情報機構(JICC)
信販会社、クレジット会社など、多数の金融機関が加盟しています。

(2) 登録されている情報

■個人を特定する情報
氏名、生年月日、自宅住所、電話番号、勤務先名と住所および電話番号が登録されています。

■個人の契約に関する情報
登録会社名、借入日、借入形態、借入金額、入金日、残高金額、返済回数、完済日などが登録されています。

■事故情報
返済予定日に支払いがない場合の延滞情報、自己破産等の債務整理手続きの情報、代位弁済があった場合の情報、強制解約の情報などが登録されています。

代位弁済とは、各種ローンなどの利用者が、返済日に返済できず、契約していた保証会社が利用者の代わりに返済した場合などのことをいいます。

強制解約とは、クレジットカード等を利用した場合で、返済予定日に返済できない状態が3か月程度連続し、カード会社から契約自体を打ち切られることです。

(3) 情報交流(CRIN)について

前述のように、日本には、3つの信用情報機関が存在しています。そして、上記のように、各金融機関によって、加盟先も様々です。

そこで、各信用情報機関は、個人の事故情報については、相互に利用できるようになっています。このシステムのことをCRINといいます。ひらめき

これにより、どこかの信用情報機関に事故情報が登録されていると、いかなる金融機関に融資やカードの発行を申し込んでも、その審査の際に、すぐに分かるようになっています。がく〜(落胆した顔)

借金800万を返済できたオススメの方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 借金返済ゆうじ at 03:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。