総量規制の対象外

2011年12月19日

総量規制の対象外

借金800万を返済できたオススメの方法はこちらぴかぴか(新しい)

「総量規制」制度の導入で、年収の3分の1を超える借り入れができなくなりましたが、「絶対に借りられなくなるのか…」というと、そうでもありません。ひらめき

ネット上などで、「総量規制の対象外」などといった、融資の広告を目にされたことがあるかもしれません。exclamation×2

実は、総量規制は、貸金業者からの借り入れを対象としているので、銀行から借り入れる場合は、「総量規制」制度の規制を受けません。グッド(上向き矢印)

したがって、銀行自体が提供しているカードローンなどは、規制の対象外となり、年収の3分の1を超える借り入れができることになります。わーい(嬉しい顔)

ただし、銀行が提供するカードローン等は、年収による借り入れの制限がある場合が多いので、注意が必要です。exclamation

また、「銀行系」などと言われている貸金業者(※アコムやプロミスなどです)は、規制の対象となりますので注意してください。exclamation

この他にも、総量規制の対象とならない借り入れがあります。

というのも、「総量規制」制度の目的は、過剰な貸付けにより、債務者が困難な状況に陥るのを防止する点にあります。

したがって、過剰な貸付けとならないような性質の貸付けについては、総量規制の対象となりません。ひらめき

具体的には、以下のようなものがあります(※他にも多数ありますが、私たちの生活に直接関係のありそうなものを紹介します)。

@ 住宅ローン、リフォームのための貸付け

A 車を購入する際の、自動車担保ローン

B 高額医療費支払いのための貸付け

C 不動産担保ローン(※住居以外の不動産を担保にしたローンのことです。)

この他、例外的に、「緊急的に必要となった医療費のための貸付け」「社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための貸付け」等は、貸付けが可能となっています。ひらめき

すなわち、例外的に、年収の3分の1を超えて、貸付け可能ということです。exclamation×2

借金800万を返済できたオススメの方法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 借金返済ゆうじ at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。