債権者と破産

2011年11月01日

債権者と破産

借金800万を返済できたオススメの方法はこちらぴかぴか(新しい)

破産は、債務者自身が申し立てる自己破産だけではありません。exclamation

債権者の側から、破産を申し立てることも法律上は可能です(※破産法18条1項に規定されています)。exclamation×2

ただ、債務者が法人である場合がほとんどで、申立て件数自体もかなり少ないようです。ー(長音記号2)

債権者から、債務者の破産を申し立てる場合、高額の予納金を裁判所に納める必要があります。

また、支払不能の事実や、債務超過の事実など、破産の原因を裁判所に説明しなければならず、ある程度の手間がかかるでしょう。あせあせ(飛び散る汗)

(1)破産を申し立てる債権者側のメリットは何か

それでも、債権者から破産を申し立てるのには、それなりのメリットがあるからです。

債権者が法人である場合で、債務者にお金を貸しているにもかかわらず、債務者が支払い不能におちいり、債権が回収困難になっていると、会社に財務上の悪影響を及ぼしかねません。あせあせ(飛び散る汗)

むしろ、債務者を破産させ、回収できなかった債権は損失処理することで、財務状況を改善することができるというメリットがあるのです。ひらめき

(2)債権者から破産を申し立てられたらどう対応するか

まず、債権者から破産を申し立てられても、その申立て理由が納得できるもので、それに対して不服がない場合には、そのまま、裁判所の進める破産手続に応じていけばいいでしょう。

他方で、債権者が主張する、破産の原因に納得のいかない場合も考えられます。ちっ(怒った顔)

その場合は、裁判所に不服を申立て、破産の原因について、裁判を通して争っていくことになります。

いずれにしても、対応について、法律の専門知識が必要となってきますので、債権者から破産を申し立てられたら、弁護士等に相談することになるでしょう。

借金800万を返済できたオススメの方法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 借金返済ゆうじ at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。