借金と自己破産

2011年10月27日

借金と自己破産

借金800万を返済できたオススメの方法はこちらぴかぴか(新しい)

もはや借金を返すのが困難になり、借金をゼロにしてもう一度人生をやり直したいという場合、自己破産をすることができます。ひらめき

自己破産手続は、必要な書類を取り揃え、地方裁判所に提出することによって開始されます。

自己破産手続には、大きく分けて、「破産手続」と、「免責手続」とがあります。exclamation×2

(1)「破産手続」の内容

債務者に、不動産などのめぼしい財産がない場合、破産手続の開始と同時に、破産手続を廃止し、「免責手続」に移ることになります(※このことを同時廃止事件といいます)。

大抵の場合、自己破産をしようとしている方はめぼしい財産がないので、この同時廃止事件となるでしょう。

不動産などの大きな財産がある場合、破産管財人事件となり、破産管財人が選任されます。exclamation

そして、債務者の財産を処分し、債権者に分配して、「破産手続」は終了となります(※破産手続の開始と同時に破産手続が廃止されないので、異時廃止と言われています)。

(2)「免責手続」の内容

「破産手続」が終了しただけでは、借金はなくなりません。あせあせ(飛び散る汗)

同時に、免責の申立ても行い、免責を受けなければならないのです。exclamation×2

「免責手続」は、地方裁判所で、免責の審尋を受けることになりますが、短い時間で終わるでしょう。

免責不許可事由がなければ、免責がおり、晴れて借金はなくなります。ひらめき

免責不許可事由とは、借金が、ギャンブルや浪費、株や先物取引のためであったなどです。

(3)小額管財による自己破産について

一部の地域(東京地裁、横浜地裁)では、小額管財事件による自己破産ができます。

メリットは、通常の破産管財人事件となると、裁判所に収めるお金が50万円を上回りますが、小額管財事件による自己破産の場合、20万円からです。ひらめき

東京近郊にお住まいの方には、選択肢の一つになるでしょう。

借金800万を返済できたオススメの方法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 借金返済ゆうじ at 03:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。